ゴミ屋敷は早期解決!手が付けられないゴミの処分は大阪のプロへ依頼

ゴミ屋敷

慣れが引き起こしてしまうゴミ屋敷

ゴミ屋敷が出来てしまう背景には、慣れという恐ろしい問題が隠れています。実際に自分で気づくことができる大人は少ないです。ゴミ屋敷だということを理解できず、気づかず、当たり前の状況だと思い込み、異常だと気付かない。それがゴミ屋敷を作ってしまう人の特徴です。周りからの目を常に気にしている人ほど、部屋も綺麗にしますし、絶対にゴミ屋敷になりません。ですが、周りからの目を気にしない方は、ゴミ屋敷という状況に慣れてしまい気にしなくなります。人はゴミに気づき捨てるという動作が行えるからこそ、暮らしていけます。そのゴミをゴミと認識できない人がゴミ屋敷を作ってしまいます。
ゴミをゴミと認識できなくなる理由は、慣れです。日頃から常にゴミをゴミ箱に捨てるという動作が出来なければ、それが当たり前の日常になり、ゴミをゴミ箱に捨てないことに慣れてしまいます。そこからゴミ屋敷生活が始まります。ゴミ屋敷になってしまうことには必ず理由があります。その1つの大きな理由が慣れであり、この慣れという恐ろしい問題さえ解決できればきっとゴミ屋敷から脱出することができます。業者さんに頼んでゴミを片付けたとしても、慣れという問題を解決しなければ、本当の解決にはなりません。